「ろくちゃん もういやや。

便利屋なんかでいたくない!!」

 

 

暑さと疲労感が漂う。

 

 

実家から帰ってきた途端にそう言うと大の字に寝転んだ。

シャツが汗でじっとりしている。

 

 

彼の母親から「手伝って」

の連絡があり日中から出かけ19時頃帰宅。

 

 

お茶を差し出すと

「ありがと」

 

 

もしかして泣いてる!!!

おかしい

 

 

前もあったな…

表現は良くないが生還者のようだ。

 

 

「ホンマにもう嫌や

なんであんなに汚いの

 

一生懸命にきれいにしてもそこだけキレイでかえって虚しい。

トイレも雑巾で磨いてきた。

 

姪から布団買ってもらったって、喜んでるけど、

置き場ないし…なんでそのこと考えへんのや。

 

 

用済みの布団 使えって渡されても

宝塚市にお金払って処分せなアカンだけやんか」

 

 

かなり精神的にきてる。

 

 

とりあえずお風呂に入ってもらう

すこし回復したようだ。

 

 

心屋でいう後者・飛ぶ族の彼は

今日の状況を

 

 

「お花畑崩壊」

そう表現した。

 

 

 

なるほどね…

 

パートナーと出会ったのは4年前

一人暮らしの彼の家は足の踏み場がなくビックリ。

 

 

私は玄関先で固まってしまった。

トイレを借りたかったが、怖くて入れない。

 

 

その後、彼は大阪市港区から宝塚市に引越し。

職場まで電車通勤1時間半が、自転車で20分になった。

 

 

一緒に暮らす前に

 

 

持ってるものの8割は処分するように伝えたら

本当に8割捨ててきた\(◎o◎)/!

 

 

私に合わせてきたのかと思った。

が、そうではなく

 

 

私のいうことを聞くと、新たな発見があり楽しい!!とのこと。

 

 

物が増えると捨てる

ではなく

収納を増やすしか、発想がなかった!!

 

 

(´・ω・`)そっかーぁぁ 

捨てればいいんだ

 

 

50のおっちゃんは、そう言っていた。

 

 

一緒に暮らしてみると

本当にものが増えない。

そもそも物欲がない。

 

 

なのに借金はある。不思議だ(笑)

 

 

一緒に暮らして2年。

 

 

そんな彼に何が起こったのか??

よくわからないけど、実家に行くと毎度荒んでくる。

54年目に溢れ出た感情だろう。

 

 

 

いまは心地よさげに

大きめな寝息を立てている。

( 。`- ω -´。)

 

 

 

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

募集中です。内容はこちら⬇⬇

お申し込みいただいてます❗【子宮の声をアートで表現 人生の生きなおしワークショップ】

素敵な友人 ルビーとのコラボイベントです。

ルビーのブログ

 

 

>>私のプロフィールはこちら

今日もありがとうございました。