こんばんは。
 
 
心屋塾 ジャージコバ 認定講師
曼荼羅ワーク®認定ファシリテーターの西井香葉子(ろくちゃん)です。
 
 
 
子育てしてると、自分の価値観に子供が合わせてくれたら楽なのになぁ
って、思いませんか?
 
次女は超人見知り
 
 
 
子供を見張って、私に合わせろ(-“”-;)
そんなことを無意識にやらかしている時がある。
 
 
 
【勝とうとするのは、負けてるからだよね】
ふぅ~その通り
 
 
 
次女と電話してから
まぁまぁの無価値感を味わっている。
 
 
 
酷暑の関西と
最高気温 25度の札幌市は違うとしても
 
 
 
3週間 冷蔵庫もコンロもなく
食事も適当
 
 
 
 
次女は生まれたときからアトピーが酷くて、病院では食事制限と食事日記を書くよう言われた。
 
 
 
血液検査では毎回 押さえつけられて号泣。
 
 
 
妊娠しているときに、
元夫が義父に数百万のお金を渡し(貸したのではない)収益物件を購入。
 
 
 
一言の相談もなく勝手に保証人にもなっていた。当時 お金の管理は一回り年上の彼がしていて、私は全く感知していなかった。
 
 
 
ショックだった。金額を聞いたけど…嘘っぽい。離婚後に正確な金額を知った。
 
 
 
今でも人生で一番辛かったのは、
次女を妊娠していた27才頃
 
 
 
自分責め
相手を責め
悪阻もひどく
 
 
 
産んだ後 鬱っぽくなったり
顔が真っ赤に腫れ上がったり
下着をつけたらかぶれたり
 
 
 
心身ボロボロだった。
 
 
 
次女を抱っこして
ダイエーの食品売り場の横 小さな薬局へ行った。医者に行くほどでもないし子連れだと疲れる。
 
 
 
その時
今の私くらいのアラフィフ年齢の薬剤師から
 
 
 
『それ
肌の問題じゃないのよ。
 
過労なの』
 
 
 
皮膚炎じゃないんですか
 
 
 
『ちがうの。
あなたは頑張りすぎなの。
 
ビタミン剤が必要かな』
 
 
 
黄色い錠剤のビタミン剤を勧められた。
 
 
帰り道
次女を抱っこしながら、
 
 
ようやく誰かに労われた気がして
号泣した。
 
 
 
次女はアトピーだったけど
明るく遊び回っていた。
 
 
 
だけど、思春期になり
自分の外見が気になり始めた。
 
 
 
そんな矢先の不登校 一昨日のブログ
 
 
 
月日は流れ
こうして曼荼羅ワークで、子宮というテーマになんとなく出会ったのも
 
 
 
過去の私への贖罪のようなものもあるのかもしれない。
 
 
【奏でる】
 
 
 
子宮の声なんて考えもしなかったなぁ。
 
 
 
実家の母に助けても言えなかった。
逆に姑には甘えやすかった。
 
 
 
元夫に同居は嫌だと言い続けて
罵られたけど
 
 
後で
『俺もあの親父と暮らすの無理やったわ❗
あのとき、おまえが拒否してくれてホンマ助かった』
 
 
 
彼にも色々事情があったんだろう。
でも酷いなぁ……
 
 
 
姑には
『出来の悪い嫁でごめんなさい。』
あるとき 宣言してみた。
 
 
 
姑は『わかってるよ。』
とおもむろに頷いてた。何を納得してたのかわからないけど…( ̄▽ ̄;)
 
 
 
たまに行くと、
 
 
 
『 ◯◯   
かよちゃんのこといじめてないかー
◯◯ また酒のんでないかー
 
○○ケチなこといってないかー
嘘ばっかり言うやろ』
 
 
 
そのとおり(笑)
 
 
 
顔見たら
挨拶のように毎回言われた。
 
 
 
挨拶なのでそれ以上はない。
 
 
 
義母には 別居・離婚のこと
何も言えず(元夫から固く口止めされた)
嘘つくのも嫌なので会いにも行かず、モヤモヤしながら隠し続けた(約10年)
 
 
 
長女が事実を告げた。
娘達も彼から口止めされていた。
 
 
悩む長女に
『我慢しなくていいよ。タイミングで言いたかったら事実を言えばいい。』
 
 
 
今では 姑は長女に
『お母さん元気にしてる?
かよちゃんには、ほんまに世話になったわ』
 
 
 
どこでどう 変容したのか?
世話したことないよ(笑)
 
 
 
長女はおばあちゃんっ子で、時々遊びに行っている。
 
 
姑は現在92才かな。 舅 亡き後は独身長男(65才)と暮らしている。
 
 
 
記憶は辛いもの、
あたたかいもの
 
捏造されたとしても色んな色やカタチがある
 
 
 
 
  ⬛ ⬜ ⬛ ⬜ ⬛ ⬜ 
 
続々お申し込み頂いてます❗
 イベントのご案内です。
 

 8/22(水) 神戸にて

【子宮の声をアートで表現❗自分と仲良くなるワークショップ】 を開催します。

 

イベントの詳細 ⬅お申し込みはこちらから

前回のイベントの様子(⬅こちら)

 

 

 

 

⬛ ⬜ ⬛ ⬜ ⬛ ⬜ ⬛ ⬜