おはようございます。

 
ジャージコバ認定講師
キャリアカウンセラーの西井香葉子です。
 
長女の不登校のことをここ数日書き続けていた。
 
 
長女が私のブログをFacebookにシェアしたら
幼なじみの同級生
 
 
 
神戸フリースクールのお世話になった スタッフさんが長女のコメント欄に書き込んでくれた。
 
 
そんなこんなで
長女は幼なじみと会い
 
 
 
フリースクールには卒業生として、代表の田邊先生と質疑応答の座談会(11月頃に予定)
 
 
 
タイミングは偶然ではなく必然
 
 
 
それは向こうからやって来るものもあれば、自分から動かなければならない場合もある。
 

 
 
風が吹けば桶屋が儲かる
 
 
理想のカウンセリングの例え話。
えっそこがオチですか??
 
 
突風が吹いて
おばあちゃんが目をやられて
盲人になったため 三味線で生計を立てる
三味線の材料のため猫がへり
ネズミが増えて
ネズミが桶をかじるから
桶屋が儲かる
 
 
そんな流れだった気がする。
 
 
話はじめからは
双方が見えないところに真実の答えがある。カウンセラー側から見えてる答えは
 
 
 
実はまだまだ浅い。
えっそこですか❗
 
 
カウンセリングの面白さ
そんな内容を先生が語ってた。
 
 
 
ハハハ
 
 
 
時は流れて 心屋塾ジャージコバ 起業支援スクールへ
 
 
コバさんのワークは
風が吹けば桶屋が儲かる
 
 
 
の流れと似てるとこあるかもね。
 
 
 
 
不登校は子供ではなく
ママの心に風が吹いてます。
 
 
 
風が吹いて
今はどこら辺?
 
 
 
これは一人で抱え込んでてはわからない。
分かるようでわからない。
 
 
 
セルフカウンセリングだけど
 
 
書いて 語ること
シェアすることであなたのジャマものの正体がみえます。
 
 
 
特に不登校で悩むママのママは、
 
 
自信を無くし視点が狭くなりがち
 
 
 
ぶっちゃけ 私の場合
子供の不登校があったから
表面化してきたの。
 
 
 
子供の不登校がなくても、ジャマものは潜んでます。
 
 
 
 
風が吹けばチャンス
桶屋が儲かるストーリーを探りませんか?
 
 
 
私の話もお伝えします。
 
 
 
 
 
 
 
 

 ■メニューのご案内

 
 
ホームページ作成しました(´∀`)
↓↓