昨日の地震で 連絡が取れてない次女

 
 
皆 私に聞いてくるけど
分からない。
 
 
元々 電話もメールも思い出したときに返信がくる。
 
 
不謹慎かも知れないが ネットも最小限 フェイスブック テレビは全くみていない。
私にとっては 必要な情報を得るより はるかに不安をあおられるだけ。
 
 
 
 
長女や長女の幼なじみが
必要な情報を選別して教えてくれた。
配慮してくれ スマートでとても助かった。
 
 
 
 
長女から 22時過ぎて電話があった。
『不安でねむれないよー 明日行ってもいい?』
つい ツイッターを見すぎたらしい(^^;
 
 
 
ここ宝塚市の自宅は さほど先日の台風の影響を受けなかった。
だけど
 
 
 
近隣の大阪府豊中市では 停電になったり
自宅が一部 損壊したらしく
水曜日の明け方 カウンセリングを申し込みして下さった方から
 
 
 
『携帯のバッテリーも 停電でギリギリの状況
 
カウンセリングの予定 変更してもらえませんか?』
 
 
 
と連絡があった。文面から伝わる状況。
 
 
 
平穏な日常に戻って、落ち着いてから連絡くださいね。
とお伝えした。
 
 
 
自然災害の恐ろしさ
 
 
 
私の実家は神戸市東灘区
 
 
1995年 1月
結婚して2年目 大阪市淀川区から 実家へ向かった。
あの日 見た光景 
 
 
 
現地にいないと分からない事実
マスコミの報道に違和感
 
 
 
母と 昨日手短に話した。
『○○の連絡待ちやね』
口調はいつもどおり
 
 
 
次女の状況は 未だに分からないけど
私の心は 静かで在りたい。と今は思ってる。

 
やっぱり遠いと 泣けてくる。
 
 
 
 
※ 追伸
あれっっ❗
公衆電話から着歴ある
 
元夫にも 長女にも着歴ないみたい
 
DOCOMOかけても
NTTかけても
公衆電話は地域すら特定出来ないらしい。
 
 
良かった
公衆電話からかかってきた❗
無事o(T□T)o