おはようございます。
ジャージコバ認定講師
曼荼羅ワーク®認定 アドバンスプレゼンター
ファシリテーターのろくちゃんです。
=======

曼荼羅ワーク®体験会
兵庫県宝塚市にて開催します。

詳細は後日アップします(^○^)
============ 
先日 長女と梅田のデッサン教室に行きました。
私は初心者 中学の授業以来
モチーフにボックスティッシュ持って
2B鉛筆ピンピンにとがらせて持参
そしたら
美大出身 一緒に参加した長女から 失笑
『書き方教室 ちゃうし……』
筆箱を覗くと
鉛筆をカッターで削り 芯を7ミリ位 
デッサン用に削ってる。
H HB  B 2B 3B  4B  6B
筆箱にずらっ 
おーー!えらいなぁ✨

『お母さん 次から持って来なくていいよ。
貸してあげるから』
わーい ありがとう(^○^)
他の参加者は ご夫婦 一組 (5年目) 
私たち入れて 4名ポーンポーン
前日に申し込みしたけど 
先生が『梅田 開講できて良かった。枚方教室は10名 いますけんけどなぁ』
みんなサクサク書いている
ティッシュを眺めながら
『先生❗最初にどこから 書くんですか?』

鉛筆を普通に持っていると チェックされる。
持ち方を教えてもらう。
『鉛筆って 一番後ろを持つんだぁ』

練り消しで消す長女に
『練り消し使うの?』と コソッと聞くと
先生から
『練り消しも消ゴムです❗』
わかってるよ…( ̄▽ ̄;)
問答と禅問答(笑)

ピンクって どう表現するの?
ティッシュの質感は?
わからない…滝汗滝汗
色んなポイント教えてもらって
先生の手直しで完成

ティッシュを眺め続け2時間
客観的に見てるようで なかなか歪みに気づかない。
先生がシュッと線をいれるだけで
直線のつもりが曲線だと
はっきりクッキリ
カウンセリングと似ている。
相談者は思い込んできたものを信じている。なのに現実が上手くいかない。
聴く側にとっても
微妙に歪みはあるだろう。
相性 それぞれの個性とごまかしていないだろうか?
偏見なく
色眼鏡なく ちゃんと聴けているのだろうか?
感情を感じているのだろうか?
いつも自問自答してる。
達人カウンセラー コバさんは
ゆるーく適当そうに
シュッと鉛筆で
線を入れるデッサンのようだ
師匠の
コバさんのカウンセリングは
そんなイメージ
その線があるだけで
相談者は気づく
続きは自分で描く
デッサンしてても
バドミントンで遊んでても
結局 カウンセリングにつながる (笑)
私はカウンセリングが好きだと
今回も気がつく(^○^)
あなたの好きなこと
やりたいこと
やりたくないこと
わからないって人は
私に話に来てね
デッサンするのも
カウンセリングするのも
他者がいないと 
歪みに気づかないまま生きる。
基軸の線を三本
縦 横 高さ
しっかり引けば バランスは取れます
あなたの心が 思い込んできた真実
もしも それが苦しいのなら
基軸が歪んでるのだと思う。
一人では やっぱり気づくのは難しい。
先ずは歪みに気づく
思い込んできたものを眺める。
それだけで大丈夫
デッサンで描いてわかる歪み
歪みは分かるが直し方がわからない。
そんな人はカウンセリングで、
あなたの物語を語りませんか?
あなたの物語は
あなたを救う力があります。
恐れず線を引いてみる。
とってもあたたかくて包まれる安心感
【心が風になる】

=============