こんにちは
 
ジャージコバ認定講師
曼荼羅ワークファシリテーターのろくちゃんです。

 
【食育】
仕事中に
土鍋が割れた画像が送られてきた。
 
がーーーん
 
 
高価でもなんでもないけど
長女が小学生くらいから使ってたもの。
15年位かな
 
 
ご飯炊いたり
お鍋したり
 
 
土鍋のぬくもり感が好き
 
 
職場の資料
キャリア教育の一節に
【食育】の文字
 
 
パートナーの場合
親との食事の場面はほぼ記憶にない。学生のときお弁当もない。
父親のちゃぶ台ひっくり返しは覚えてる。
 
 
 
食事の内容より
その時の感情って大切
 
 
私の場合
 
炊きたてのご飯がおやつより好きで
至福で食べるからか
こわーーーい祖父は
いつもニコニコ
 
 
食事の場面は楽しかった。
 
 
彼は出会った当初
私が美味しそうに食べてると泣いてた。
感情が、ドバッとあふれるらしい。
 
 
 
栄養面も大切だけど
食事が作業になれば虚しい。
 
 
『自分の食事は作業だった』
 
 
いまは気の毒なほどスリムだが(アンガールズの田中みたい)
過去には100キロを超えていたらしい。
 
 
土鍋を囲むと笑顔になる。
 
 
 
割られたことはショックだけど、
まぁ割ることもある。
 
でも、彼はあっけらかん。
 
 
私の思い入れなど知る由もなく
仕事疲れも重なり言い争いになった。
 
 
 
何揉めたか
何言ったか
あんまり覚えてないけど
 
 
 
そうやって
すぐ人の心を読むな❗
 
 
そうやって
決めつけるな❗
 
 
毎回思うけど、人の心って読むものなのか
 
 
人の心なんて
読める訳ない。
 
 
正直言うと、娘と違い
単純過ぎるとは思う。
 
 
で、
 
 
 
私に言いたいんじゃないでしょ❗
親に言いたいことを私に言わないでよ
 
 
 
もう
お互い親には言いたいことを我慢してきたから。
 
 
 
鍋の蓋を片付けてたら
(彼は接着剤で接合する気だったらしい滝汗)
 
 
ごめんなさい
 
 
と謝ってきた。
 
 
腹立ってたけど
双方お疲れモード
 
 
お味噌汁飲みたかったので
 
 
作って飲んでたら(22時頃)
 
 
ホッと緩んできたので
 
 
彼にも勧めた。
 
 
お味噌汁の魔法ではないが
 
 
その後のやり取りはわかんないけど
 
 
『パパに会いたい』
 
 
いきなり5才くらいになって
泣いていた。
 
 
彼の父親は25年ほど前に亡くなっている。
 
 
『無言のままヨシヨシ
頭を撫でられたい
 
 
認められたいよぉぉぉ』
 
 
 
 
土鍋が割れて
彼の封印していたものも
 
 
 
ヒビからちゃんと割れた模様
 
 
実はあの土鍋の蓋
 
 
 
ヒビが経年の積み重ねで入っていたのよね。。
 
 
 
なんで割れたのか聞いても
理解できない。。
 
 
 
もう接着剤でつけるのは
やめようね
 
 
 
割れてない本体は捨てられない。
愛着あるもん。
 
 
 
 
男性は父親に無言でいいから
 
承認されたいようだ。
 
女性の私には分かりづらい。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 
【お知らせ】曼荼羅ワーク体験会
曼荼羅ワーク体験会を2月下旬に予定しています。
 
 
 
 
 
■メニューのご案内