昨日の仕事中、長女からのメール

『おばあちゃんが入院したよ』
元夫の母親のこと。

なんせ大正、昭和、平成、零和を生き抜いてる人
何があってもおかしくない。

ドキドキした。

長男は未婚
次男である元夫の結婚が三十路半ば

で、私は元夫より一回り下

もはや奇跡の嫁(笑)

孫みたいな扱い。

元夫に電話して状況を聞くと、

三輪車を走らせ何かに引っかけて転び、腕を負傷したらしい。

『90才越えてるのに、

俺より漕ぐの速いんやで

追いくの必死や

危ない言うのに、言うこと聞いてへん』

ちなみに彼は歪みまくりの路地を

速度を落とさず、通り抜ける。

私は坂ばかりの神戸から大阪に越したとき

自転車の練習をしたなぁ。今は乗らない。

元夫の声は明るかった。

寝たきりは避けられるだろう。

予想より軽くてホッとした。

離婚をしてから

会っていないけど、

大切な人だと改めて思う。