こんにちは

 
ジャージコバ認定講師
曼荼羅ワーク®認定ファシリテーターのろくちゃんです。
 
 
いよいよ来週開催です。
あなたのパートナー
色で表すと何色ですか?
 
 
曼荼羅ワーク体験会
6/19宝塚お知らせ
⬇️⬇️
 
 
昨日は淡路島へ
 
雨予報が晴れている♪ヽ(´▽`)/
明石海峡大橋

 

 

国生みの島へ
 
 
伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)
10回以上は来てるかな。
 
 
 
境内にある
政治色のあるドデカいポスターには
ぶっちゃけ毎回げんなりするのだけれど、
 
 
 
この神社はとても落ち着く。
 
 
 
車を運転しない私にとっては、
彼がいなかったらここに来るのは大変。
交通アクセスが不便で来ないと思う。
 
 
いつも傍にいたくなる
夫婦大楠
二股に別れているのだけれど、
 
 
『元々、別々の楠が長い年月で一本の木になるってスゴいよね。』
 
 
『ちゃうやろ。一本の木が別れたんやろ。
 
 
『なんでなん。
元々一本の木が別れたら夫婦じゃなくて、離婚やん。』
 
 
『えっ、でもおかしいやろ。
あっ、ろくちゃんあってるわ』
 
 
正解は楠、後方の掲示を見たらあった(*´∇`)

根本が二本の『楠』が、いつしか根を合わせて一株になったもので、御神霊が宿りたまう御神木と信仰された。
 
 
55才の読書家路線バス運転手、大丈夫だろうか?
 
 
この神社に来ると、ブルブル鳥肌を立てている
スピリチュアルもどきの彼に
 
 
 
『毎回、鳥肌プルプル立ててるんだから、
感覚で言葉が降りてくるでしょ』

心を静かにする。
 
 
『からにせよ。
【空にせよ】って、言ってる』
 
 
 
私もマネをしてみる。
ふと感じた言葉は
『調える』
 
 
 
このキーワードで曼荼羅ワークを描きたくなった。
 
 
 
お腹が空いたので、
テンションアップの
生しらす丼を頂き

 
併設の温泉に浸かる。
アラフィフの身体を労いホッコリ。
 
 
 
早めに島を去る。
 
 
 
いつもは助手席で寝ちゃうけど
今回は彼が眠い…と、怖いことを言うので
鳥肌ごっこを、して遊んでいた。
 
 
 
とは言っても、普通に話してるだけ。
言葉に柔らかさを勝手に感じて鳥肌立ててる。
 
 
 
半袖の腕を眺めながら
言葉にならない感覚は饒舌だなぁ
と毎回びっくりする。
 
 
脳ではうまく理解できないらしい。
 
 
何気ない日常が至福。
 
 
神社では、本当にプルプルしている。
仕事で軸が乱れているのが、調うように思う。
 
 
 
もしもガイドとかそういう存在があるのなら
背後で必死のパッチだろうな。
 
 
 
自分の喜び、
全ての感情に無自覚なんだもん。
 
 
楠を眺めて思う。
元々別々の根がひとつになる。
 
 
おそらくひとつにならなければ
自然界で生き抜けなかったのだろう。
 
 
私たちも自然界の一部
エゴを主張していているだけでは、
本質を見失う。
 
 
曼荼羅ワークの基礎マスターコースを学んでいたときに気がついたこと。
 
 
自分の色と相手の色をつなぐ
 
 
怖いから
少しずつ
少しずつ
 
 
混ざりあった色は
違う色になる。
 
 
だけど
元の色がなくなった訳ではない。
 
 
芋虫がサナギになり
羽ばたくには
 
 
そこには
死と再生の痛みがともなう。
 
 
楠を眺めていると
とても大切なことを思い出した。
 
 

【調える】から描きました。

『そよかぜドキドキ
 
 
 
曼荼羅ワーク体験会に
良かったら遊びにきてね。