曼荼羅アートであなたの人生を見つめてみませんか

曼荼羅アートキャリアカウンセリング(コンサルティング)とは

  • HOME »
  • 曼荼羅アートキャリアカウンセリング(コンサルティング)とは

曼荼羅アートキャリアカウンセリング(コンサルティング)とは

曼荼羅アートキャリアカウンセリング(コンサルティングとは)曼荼羅アートを
描いていただき、ご自身で、自分の気持ちに素直に向き合ってこれからの人生について
考えていただくサポートをするお仕事です。

まずはそれぞれの言葉の説明をいたします

「キャリアコンサルティング」とは

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の
開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます
(職業能力開発促進法第2条第5項)

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を
深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解 することにより、その中から自身
に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリア
のニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成
を考えていくことが大切です。

キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な
知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していく
ための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

厚生労働省HPより抜粋

 

曼荼羅ワークとは

パステルで美しい模様を描きながら「今ここ」と「自分軸」につながり、
こころと対話をするアートワークです。

 

 はにやかよ さん曼荼羅ワーク®(Rainbow✩Dolphin主宰 創始者:はにやかよさん)が考案され、
どなたでも簡単に描ける手軽さと、
動瞑想によるヒーリング効果があります。

 

絵は、内面を投影します。その時感じている心の声が波紋のように映し出されます。
曼荼羅アートは自分で描いて、自分で読み解くそんな機能があります。

絵を描いているうちに自分の心の中を絵が表現してくれ、客観的にご自身を向き合え
ることができると思います。

残念ながら、自分を自分で欺くことはできません。心は正直です。そして、絵を描く
と今の心がそのまま投影されます。

曼荼羅ワークカウンセリングについて

上記でお伝えした曼荼羅 曼荼羅アート、そして、キャリアカウンセリングを組み合
わせた曼荼羅アートキャリアカウンセリング(コンサルティング)は、自分の進む道が
わからなくなったり、自分を見つめなおしたい方に自分に素直に向き合い、
そして、その人にあったキャリアのご相談やアドバイスをさせていただいています。

曼荼羅アートで自分のこころを自分でとらえ、そこで感じた感情がどこからきているのかを
自身で感じてほしいのです。
そして、曼荼羅アートででた自分の素直なこころの状態で、今、自分がどんな風になりた
いのか、どうしていいのか。

そんな自分の心と向き合って、そのご相談に応じております。

曼荼羅とは

まんだらとは マインドフルネス マンダラより引用

マンダラは4世紀に仏教の僧侶が瞑想用に描いたのが始まりとされています。マンダラは
仏教だけではなく、世界中の様々な文化や宗教にも見られ、いずれの場合も、心や魂の未
知なる領域に強く働きかける力を持っています。

カールユングをはじめとする精神分析医らは、東洋の神秘主義を全く知らない患者たちが、
精神療法中にマンダラによく似た図形を無意識のうちに描いたことを報告しています。

そうしたマンダラ的な図形は、意識の領域の自己が無意識の領域の存在を認め、統合しよ
うとする試みだと考えられています。

そういう意味で、マンダラはそれを描いた人の内面の表現であり、無意識の領域に入り込み、
言葉では容易に言い表せない心や魂のより深い部分とつながっていることを示しています。

■ 曼荼羅(まんだら)は、サンスクリット語のmandalaの音写したもので、本来の意味は
”本質、中心、精髄などを持つもの”を表し、仏教では、仏の 悟りとその世界を意味する。

特に密教においては、聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々な
どを用いて視覚的・象徴的に表したもの をいう。

■ 曼荼羅の原形は古代インドのバラモン教やヒンドゥー教の宗教儀礼に見られ、土壇にさま
ざまな幾何学紋様や神像を描き、天上の神々を招いて供養し祈願する聖なる空間を意味した。

その宗教儀礼が仏教に取り入れられ、壇上に諸仏・諸菩薩を描き、護摩(ごま)や灌頂(かん
じょう)などの儀式で諸仏を供養するようになった。

■ 曼荼羅は多くの要素の集合体で、空間・領域・場を表しており、一つの点やそれをつなぐ
線ではなく 広がりをもった空間である。

そこに登場する仏たちはある規則性をもって描かれていており、その中心仏や表現方法によっ
ていくつかの種類がある。

英語ではヒ ンズー教などのコスモロジー(宇宙観)

を表すものと理解されているが、我が国では仏教の世界観を表現した絵画等のことを指す。

 

プログラムご紹介

曼荼羅ワーク体験会

曼荼羅ワークキャリアコンサルティング

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 曼荼羅キャリアカウンセリング All Rights Reserved.